top of page

1月の着方レッスンの様子




こんにちは和つなぎラボ今中です。

2月に入りましたね!

もう暦の上では春ですが、先週東京や関東地方では積雪に見舞われました。

天候が変わりやすく調子を崩しやすい季節ではありますが、皆さんお風邪などひかれていませんか?


寒い1月もお家で浴衣、着物、帯のレッスン

和つなぎラボのオンラインレッスンは、寒い中でも暖かい家から参加できるのがいいところ。1月も週2回、6回の開催はおかげさまで予約満席となりました。


新しく参加してくださった方(ここではAさんとします。)は着物の柄の美しさに惹かれ、着てみたいと思ったんだということでした。

着物も帯もすでに持っておられて、着たことがある方でしたが、こんなお悩みが。


Aさんのお悩み

衿の抜き加減と位置がずっとうまく決まらない。

衿合わせに時間がかかっているのでもっと時短で着たい!


衿の抜き加減についてはこちらのブログにも書いてありますが、

さらに丁寧にレッスンでは一緒に練習をし、「なるほど!」と言っていただきました。


また初参加のBさんのお悩みは

腰から下のシルエットがAラインになってしまうので気になります。

広がってしまう裾回りをすっきり着たい。

ということでした。

裾回りのシルエットについては、裾すぼまりにするために着付けてみましょう。とお伝えし一緒に着る練習をしました。



あなたの疑問はみんなの疑問かもしれません


レッスン後のヒアリングなどで皆さん「私だけの初歩的な質問かもしれませんが…」と言われることも多いのですが、私たちも着方教室を始めて2年、たくさんの方のご質問を聞く中で、「みんなつまずくところ、疑問に思うところは似ている」と感じています。


1月に来てくださった方もこれまでの生徒さんと同じく気になるポイントは衿、裾、帯に集中していました。


これから参加される方も、リピーターの方もた日頃からの疑問などお持ちであればご遠慮なく質問していただければと思いますし、レッスンでいただいた質問はオープンにして参加していない方にも和つなぎラボはシェアしていきたいと思います。


メルマガ登録をお願いします!

ブログ記事の紹介やイベント情報などを月一でお知らせしています。

メルマガのバナーより登録ください。








閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【2/28~ 川島テキスタイルスクール修了展 @京都市美術館別館】

川島織物セルコン市原事業所にほど近い染織の学校、 川島テキスタイルスクールは 今年50周年を迎えました。 2024年2月28日(水)~3月3日(日)の日程で「川島テキスタイルスクール修了展」を開催します。 修了展では、グループ制作の綴織のタペストリーをはじめ、個人制作作品を展示。さらに3年ぶりに受け入れた留学生の絣(かすり)作品が加わります。想いの詰まった、創作意欲あふれる作品の数々をぜひご覧くだ

bottom of page