top of page

名古屋帯のたたみ方を2パターンご紹介




着物や長襦袢と違い、名古屋帯は仕立て屋さんによって畳み方が様々です。

私の手元にある名古屋帯でも、数種類のたたみ方が混在しています(笑)


「この方法でないといけません」ということではなく、大事なのは帯を結んだ時に見える胴の前部分“ハラ” と “タイコ” にしわが入らないようにたたむんであることだと思います。


「私のたたみ方以外にはどんな方法があるんだろう?」と思いますよね。

今回は2種、畳み方をご紹介します。


  1. ハラと太鼓にしわが入らないように畳む方法

  2. 仕立て屋さんのたたみじわ(折りじわ)通りに畳む方法


動画の②の最後に、「持ち運ぶときは…」とコンパクトにたたんでいる状態がありますが

おうちで保管される場合は、箪笥などの収納サイズなどに合わせてみてください。


他にももっと色々な方法がありますが、皆さんもやりやすい方法や

おうちの収納サイズ、場所に合う畳み方で収納してみてくださいね。


和つなぎラボ

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page