top of page

【イベントレポート】 名古屋帯の結び方@東京ショールーム


名古屋帯の結び方レッスンのチラシ


■ショールームイベント|名古屋帯の結び方レッスン開催のきっかけ

川島織物セルコンは織物メーカーとして着物の帯を長く織ってきましたが、昨今お客様から、「帯の結び方が難しい」「親から着物や帯を譲り受けたけれど、自分では帯を結べない」などのお声をいただく事が多くなりました。

和つなぎラボではそんな方にオンラインレッスンを通じて皆さんが【一人で結べるようになる】お手伝いをしてきましたが、「やっぱりリアルで締め具合などを知りたい。」

という方のために、今年4月から弊社ショールームにて帯の結び方レッスンをスタートさせました。

■和つなぎラボはこんなチームです

私たちは株式会社川島織物セルコンの中で立ち上げた小さなチームです。

織物メーカーとして”着物をもっと楽しんでほしい”という想いで発信などの活動をしています。一人でも多くの皆さんに 着物を着れた、帯が結べた、という経験をしていただけるようにオンラインレッスンを開催したり、着物を楽しんでいただけるような情報発信を行っています。


■10月ショールームレッスン【名古屋帯の結び方】の様子

生徒と講師が向かい合って帯を結んでいる写真
お互いに顔を見ながら、身体の前で形を作れるのが前結びの良いところです。

写真は28日のレッスンの様子です。

帯の結び方には大きく分けて【体の前で結ぶ結び方】【体の後ろで結ぶ結び方】がありますが、このレッスンでは初心者の方でも自分の目線で帯の形を確認しながら進められる前結びを体験いただきました。

ちなみにこのレッスンは名古屋帯だけを学ぶので、着物の上に結ぶのではなく洋服の上から結ぶ練習をします。


■参加者のコメント

28日の参加者さんのコメントの中には、「これまでは背中(体の後ろ)で結んできたので、初めての前結びだった。」

「自分で結ぶよりもうまくできました。」

といった感想がありました。

前結びは体の前で結ぶので、自分で帯の形を確認しながら進めることができ、後ろ結びが難しいという方や、初心者の方にはお勧めできる結び方です。


■ちょっとしたコツもお伝えしています


着物を着たことがある方なら「ほんとにこれでいいの?」「もしかしてもっとうまく着る方法はあるのでは?」などそれぞれのお悩みや疑問があると思います。

リアルなショールームのレッスンでは、日ごろからお持ちのお悩みもワンポイントとしてお伝えできます。

今回も「帯揚げの処理が苦手なんです」とおっしゃった方に対して、「帯枕の紐がちょっと邪魔になっていますね」「もっと帯の中に入れ込んでしまって大丈夫です」

などのポイントをお伝えさせていただきました。


次回は12月豊洲ショールームにて開催予定です

11月はショールームでのレッスンはお休み、12月にはまた豊洲にて名古屋帯の結び方レッスンを開催予定です。ぜひともご参加ください。

1月23日には京都で初の工場見学ツアーも開催

和つなぎラボでは、11月23日に弊社の市原事業所の工場内と川島織物文化館をスタッフがご案内するツアーを開催します。

今回は私たちも初の試みのため、参加者はレッスンを以前受講いただいた方に限らせていただきましたが、今後も着物の着方以外にも、着物を楽しんでいただけるイベントを企画していく予定です。

11月23日のイベントの様子もまたこちらのブログでご報告させていただきます。


和つなぎラボ


ショールームでのレッスンの様子
ショールームではカーテンの見本をたくさん展示しています。その中で帯結びを練習します。

閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page