top of page

スタッフのつぶやき💭着物の反物を仕立てに出しました


こんにちは。

和つなぎラボの小林です。

季節の変わり目に着るものを何にしようかと考えるのは楽しくもあり、悩みでもあります。

私の場合は仕立て前の反物(布)を床に並べながら

「この季節にこの生地はぴったりだし、今日着て出かけたいのに、なんでまだ反物なんだろう…」

と仕立てに出していなかったことを後悔することが多々あります…。

反物を購入した後に仕立(した)てず、タンスに溜めておいてしまう悪い癖です(笑)


着物の仕立てをお願いするのは楽しい時間

先日、和裁師の友人から『いい加減仕立てたら?』とあきれ気味に言われ、やっと重い腰を上げました(^^;

以前「こんなに溜まってるんだよね」と別の友人にも見せたところ、かつて見たことがないほどの爆笑をかいました(笑)

床に並ぶ布(着物の反物)
未仕立ての反物

ということで、楽しくも悩む時間が始まりました。

悩むといっても、私にとっては和裁師さんとああでもないこうでもないと一緒になって相談する時間はとても楽しいのです。


自分の今の好みやスタイルに合わせて

悩むポイントといえば、寸法や付属品などで、例えば寸法は年齢とともに体重は変わらず

ともスタイルが変わったり、自身の着方やその好みも変わってくることもあるため、

奥深い仕立ての世界で、毎度悩みながらお願いしてます。


今回はまとめて五反。単衣も袷も、羽織もお願いしました。

出来上がりが楽しみです。


単衣と袷の違いについてはこちらの記事でも以前ご紹介しています。


着物沼にはまる日々

今度はその着物たちに合わせる帯が欲しくなり、どんどん沼の深みにはまる日々が続きます。

皆様もぜひ、着物の沼へお越しください(笑)

お待ちしています☺


和つなぎラボ

小林

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page