top of page

お悩み解決!巻いた帯を緩まないように固定してキープするには?





前回のブログでは、帯を苦しくなく巻く方法をご紹介しました。

さあこの後、いざ帯枕…という時に、「あれ?緩んできた?」という経験はありませんか?

『帯がラスボス((笑))』とお話されるビギナーさんからは

「名古屋帯や袋帯で、おなかに2周巻いた後 緩まないように固定するのはどの方法がベスト?」

というご質問や

「2周した帯が緩まず固定されている状態をキープして、そのあとゆっくり帯枕を入れて

焦らずお太鼓を作りたい!」

というご希望コメントを頂くことがあります。


どんな方法だと 緩まず固定できる?

固定するための方法はいくつかありますが、代表的なものをご紹介します。

(この手順をした後に、帯枕をあててお太鼓を作ります。)

①たたむようにして固定する

使うもの…仮どめのための腰紐(仮紐)、クリップなど

メリット…帯を折り紙のように畳んで固定するので帯が傷みにくい。背中部分がモゴモゴしにくい。

デメリット…仮紐で固定する時、力をかけておくポイントに注意が必要。


① ②

③ ④

⑤ ⑥



②クリップやお太鼓どめなどを使う

使うもの…クリップやお太鼓どめ

メリット…巻いた後、そのまま留めることができるので固定が簡単。お太鼓どめはこれ以外にも

色々使える

デメリット…クリップの場合はすこしでっぱりが気になることも。

お太鼓どめを使う場合、帯の織り方や素材によっては緯糸などに引っ掛けないよう

注意が必要






③ねじって固定する

使うもの…特になし(手先を留めるクリップなどはお好みで)

メリット…とても単純に、作業も早く帯だけで完結できる。ねじった部分がしっかりと枕の台に

なるので枕が落ちにくい。

デメリット…帯の素材によってはしわが強めに残ることがある。

☆帯を傷めてしまいそう…というご不安がある場合は、上記①のたたむ方法が

良いかもしれません。






④結んで固定する

使うもの…特になし(手先を留めるクリップなどはお好みで)

メリット…緩んでくることは少ない

デメリット…強く結びすぎてしまうと苦しくなってしまうことも。しわはねじる時と同じように

残ることがある

半幅帯や、振袖帯はほとんどが結んでの固定となりますが、名古屋帯などでも結ぶ方法で締める方もおられます。これもお好みです。





どれがおすすめ?

帯にあまりしわをつけたくないな…という場合は、たたむ方法で。

仮紐とか使わず、さっと締めたい!…という場合はねじる方法で。

ねじったり結んだり畳んだり、というのは手が大変…という場合はお太鼓どめなどの便利グッズを利用して。


これは本当に皆様それぞれです。お好みや、やり方の相性もおありだと思いますので、試してみて

「私はこれがやりやすい♪」

と思う方法で 帯をしめてくださいね。

お出掛けして、帯が落ちてこなければ問題なし!です(笑)


実際に一緒に練習したい!とお思いの方はぜひ、オンラインレッスンなどへご参加ください。

お待ちしています☺



和つなぎラボ

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page