top of page

オンライン着物の着方教室の活動を振り返って

更新日:3 日前



こんにちは。和つなぎラボです。


今回は、これまでの着物の着方教室を少し振り返って今後の教室について書いていきたいと思います。

たくさんの方と交流が始まった2021-2023年


2021年に本格スタート

2021年、浴衣の着方からスタートした和つなぎラボのレッスンですが、レッスンスタートした時の目標や思いについてはこれまでも何度か触れてきたので詳しくは割愛するとして、

簡単に当初の想いを一言でいうと、たくさんの人の「着たいを着られる」に変えたい。という思いでスタートしました。


帯メーカーとしてお客様の声を伺う中で、着たいけれど着られない方が、たくさんいらっしゃったということがきっかけでした。


スタート当初は、たくさんの着方教室がある中で私たちのレッスンはなかなか広まらず、知り合いの方を通じて参加を募ったり、私たち自身の友達にも参加してもらってモニター的に感想を聞くところからスタートしました。


2022年ごろから明るい兆しが…

秋ごろから徐々に講座が埋まることが多くなり、基礎から応用編まで9コースを準備したところ、順番に受けてくださる方も増えてきました。


着られた!からさらに学びたいとの声も


2023年6月7月にはとてもありがたいことに、開催日のほとんどが埋まるようになりました。

特に2回3回と受けてくださる方とは着物を着ながらの会話も弾み、「きものってここが楽しいところですよね」などの交流も生まれ、“着物を着る人”どうし、それぞれの感じていることなどを共感しあえるような時間もあって私たちにとっても大切な経験となりました。

また楽しみの共有だけではなく「もっと詳しくここを知りたい」「ここをもう一度教えてほしい」など着れるようになってきたからこそ生まれるお声も聞こえてくるようになりました。


二つの想い

そして、今年の夏ごろには秋以降のレッスンをどう作っていこうか?と私たちで話し合った中で2つの思いが生まれました。

たくさんの人に「もっと着られるようになった!」という体験を増やしたいという一方で、「今まで交流が出来た参加者さんにも和つなぎラボとしてお伝えできることがある気がする。」「なにより私たち自身も引き続き着物の楽しさ、日々のお困りごとについて情報交換を楽しむ場を作りたい。」という思いです。


秋からのコース

そこで、一旦9月は改めて初心者さんに向けた講座内容を基礎編に絞ったコース設定を作り、10月以降に徐々に応用編を学ぶコースや情報交換や交流をメインとした場づくりにも取り組んでみようということになりました。


これからも皆さんのお声をいただきながら

私たちはそれぞれ関西と関東で勤務している2人の小さなチームです。

いろいろな企画や日々の情報発信をしつつ、着方教室を開催できる日数には限りがありますが、そうした中でも精いっぱい皆さんとの交流を楽しめたらと思っています。



和つなぎラボ



閲覧数:26回0件のコメント
bottom of page