top of page

あると安心!着物でお出かけするときにあると便利な持ち物たち

更新日:1月30日



着物のお出かけに持っておくといいアイテム
着物のお出かけに持っておくといいアイテム

1月は二十歳の集いの振袖姿や、初釜の茶席へと向かう着物姿の女性を目にすることが多く

華やかで嬉しく思う時期です。

私もできるだけお出かけには着物で、と先日は着物で百貨店へお買い物に出かけてきました。

さて、お出かけの時『こんなものがあると、いざの時に便利ですよ!』と浴衣編をご紹介しましたが、着物の時も ちょっとバッグに入れておくと安心なアイテムがありますので、ご紹介いたしますね☺


着物でお出かけに便利な持ち物

  1. 安全ピン

  2. クリップ(洗濯ばさみなど)

  3. 手ぬぐい

  4. 腰紐


安全ピン

何かと使える安全ピン。

どんな時に使うもの?というと・・・

>袖口から出てきてしまった長襦袢を見えないようにする

>たもとから出てしまった長襦袢が見えないようにする     …など

どちらも、緊急を要することではないですし、見えたら絶対ダメ、ということでもありません。

ですが、『うーん、ちょっと見た目が気になる💦』、というお声もあります。

そんな時は 安全ピンでこっそり留めてしまうことができます。


袖口から出てくる長襦袢は、内側で長襦袢をつまみ、安全ピンで留めます。



たもとから出てきてしまう長襦袢は、着物のたもとを内側から安全ピンで留めます。

安全ピンを使った応急処置
安全ピンを使った応急処置

カンタンにできる応急処置です!



クリップ(洗濯ばさみなど)

こちらも何かと便利なクリップ。

  • 裾をたくし上げて固定…お手洗いに行く時や雨の時

  • たもとを留めておきたい…手を洗う時など

  • 手ぬぐいなどを留める      …など

浴衣と同じように、お手洗いに行ったときなど 裾をぐるりとたくし上げ留めておくことができます。

雨のお出かけの時、雨ゴートを着る前に、着物の裾を濡らさぬためにたくし上げて留めておく、という方法もあります(雨ゴートを脱いだら、クリップを外して さっと裾をきれいにを整えてくださいね!)

また、お食事のときなど、手ぬぐいを帯に挟む方もおられますが、かわいいクリップでとめてもイイですね。



クリップの便利な使い方
クリップの便利な使い方

手ぬぐい

  • お食事の時

  • 急な雨の時

活躍します(笑)

お食事の時、大判のハンカチをお持ちの方もおられますが 長方形の手ぬぐいは、帯から膝までゆったりとカバーすることができるので、重宝します。

また、急な雨で雨コートがない!という時に、「傘をさしてても帯が心配!」というシーンでは、帯に手ぬぐいをかけておくという応急処置ができます

大雨の時はそうしても難しいかもなので…やむまで待てると良いですね…。


雨が降ったら帯にかけて、カバーする
手ぬぐいの便利な使い方


腰紐

腰紐こそ何に使うの?と思われがちですが、先日 持っててよかった!が自分の身に起きました(苦笑)

>落ちてきた裾を留め直す

>たすき掛けにする    …など

なかなか、たすき掛けはないかもしれませんが…(^^;

下前がずり落ちてしまい、今結んでいる腰紐だけでは直せない場合…そんな時は持っているこの腰ひもで、裾を整えて結び直すことができます。

私の場合は、その日 腰ベルトを使っていたのですが、腰ベルトの留め具が故障💦緩んでしまったのです。すそがどんどん下がってきて大変!腰ベルトはゴムなので、伸ばして結べないわけではないですが苦しくなりがちです。

なので、裾を整えて腰ひもを新たに結び直し、事なきを得ました。

持っててよかった…を実感でした(笑)


腰紐の使い方
腰紐の使い方

※この画像では、ピンクの腰ひもが緩んだ方/白い腰紐が新たに結び直した方 となります


お出かけの時にあまり荷物を増やしたくないですが、このアイテムはさほど大きくないので、バッグに忍ばせておいてもお邪魔ではないかと思います。


いざの時の安心グッズ、また他にもあればお教えくださいね.


和つなぎラボ

閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page