2022年のチャレンジに「自分で着物を着てみる」はいかが?

こんにちは。

和つなぎラボの今中です。


今年もあっという間に2か月を切ってしまいました。

突然ですが、皆さんは2022年新たなチャレンジされましたか?


チャレンジというほどでもないのかもしれませんが、私は6月に京都で舞妓体験と撮影をしてきました。今までちょっとした気恥ずかしさがあって実行に移せていなかったのですが、

2020年からの度重なる外出規制の中、「人の目なんか気にせず、やれるときにやれることをやっておこう。」と強く思うようになったのがきっかけでした。


撮った写真はもちろんメイクばっちりで、自分かどうかすらわからない姿でしたが、温めていた計画を実行に移せた達成感がありました。


実は「ずっとやりたいと思っていた。」「達成感がありますね。」という言葉は着方教室を開催している最中によく聞くフレーズの一つです。


着物に限らず、「何か新しいことができた。」という体験は達成感につながるとは思いますが、もしこれまでに「着物を自分で着てみたい」と思ったことがあるなら、ぜひともその一歩を踏み出してみてください。




新たな挑戦といっても、和つなぎラボのオンライン着方教室はあまりハードルが高くありません。

「着物は着るのが面倒そうだよね」と言われることも多いのですが、私たちはオンラインを活用しながら、皆さんが気軽に着物チャレンジをサポートする仕組みを作ろうと考え、これまでオンラインのモニターレッスンを繰り返しながら、教え方を準備してきました。


私たちのオンラインレッスンのポイント


①オンラインだから気軽

移動時間はゼロ。着付けの道具も持ち運ぶ必要もありません。

②続けて通う必要がない

あらかじめスケジュールが決められている着付け教室だと欠席しなければならないことも。 和つなぎラボのコースはスケジュールの中から好きな日程を選んでいただけます。

③予習復習に使えるテキスト付き ​基礎コースのみになりますが、

受講申し込みいただいた方には無料でテキストや復習動画を配布しています。

④マンツーマン

マンツーマンで一緒に着ていくので、わからないことがあればすぐに聞くことができます。 ※ご家族やご友人などでしたら2名まで参加可。

⑤自分にあったコースにカスタマイズ可能

9講座の中からピンポイントで学べ、自分の受けたいものを選んでコースにカスタマイズできます。

⑥一手ずつ丁寧に教えます

一手ずつ講師役の声に合わせてすすめます。全く初めての​方でも安心です。


まだまだ私たちも駆け出しの着物インストラクターではありますが、帯を作っているメーカーの一人として、私たちと一緒に着物を着てくれる人や着物にチャレンジしようかなと思ってくれる人が増えるように着物体験をサポートできる活動をしていきたいと思っています。


なんだか、来年の抱負みたいになってしまいましたが、今年はあと1か月あります。

着付けレッスンでぜひお会いしましょう。


詳しくは、こちらをご覧ください。

https://www.walabo-ksc.com/howtowearkimono





和つなぎラボ

今中






3 views0 comments