top of page

着物の裾の合わせ方を動画で解説します👘


今回は「着物の裾が落ちたり広がったりしちゃうんですうまく裾すぼまりにもならなくて」というお声に対してお答えします。


残念ながら、ただ単に身幅を合わせて巻いていると裾はすぼまりません。

“身頃を巻いて、手が体についたら持ち上げる” という動作で裾がすっきりすぼまります。




ポイント①

下になる身頃(みごろ)〈下前ともいいます〉は、上になる身頃〈うわまえ〉よりしっかり持ち上げる。

ポイント②

巻いたら落ちないようにキープして、しっかり腰ひもで止めます。

この腰ひもで着物全体の重さを支えるので、とても大事な一本です。


ぜひトライしてみてくださいね!

※着物を持っている手は気づかずに上がりがちです。裾のラインを床と平行に水平にしたら、手もそのまま水平をキープして体に着物を巻きましょう!

4 views0 comments
bottom of page